合格発表

合否のチャイム

「……ポーン。……ピンポーン、ピンポーン。」……ん?なんだ?優雅にも昼過ぎまで眠ってしまっていた。 けたたましく無愛想に響く玄関のチャイムで俺は目を覚ました。