二次試験

全てはここから始まった

「試験、どうだった?」 「……分からないよ」 「全力は出せた?」 「それなら、まあ」 「ならよかった」この、聖母マリアのような包容力で優しく接してくださる御方は、私めのお母様でございます。

2月25日、天候は雨

「あっつ!」 急ぎ足でサウナ室から出る俺が、明日に受験を控えている受験生だと、誰がそう思うだろうか。俺は、二次試験の宿泊先として、サウナが併設されているカプセルホテルをとったのだった。

二次試験への旅路

「あ、終わったわ。」センター試験が終わって自己採点をするまでもなく、そう思った。合計点は8割に達してすらなく、僅かな希望を乗せた夢は、あっけなく散った。