イベント

合宿最終日

「……のぼる……のぼる!」 「……ん……ゆりっぺ?……」 「誰が死んだ世界戦線だよ。天使ちゃんいねーよ」机に頭を突っ伏して寝ていた自分に気付く。 外はもう明るい。「やば…。寝ちゃってたのか」 「いや、俺たち結構頑張ってたと思うぜ。久しぶりだよな、こんなに…

合宿2日目

「……のぼる……のぼる!」 「……ん……ここは……β世界線……?」 「α世界線だよ。まだこの世界線にやり残したことあんだろ。そろそろ起きろよ」合宿2日目の始まりである。 部屋の外にある共同洗面所で歯磨きをしながら眠い目をこする。

合宿1日目

『ヴォーン、キキィーン、ガタッ』知らない天井だ。 俺は眠りから目を覚ました。異世界‪​───‬ではないらしい。眠い目をこすり、記憶を遡る。そうだ、合宿に来たんだった。ここはそう、合宿を行う施設へ向かうマイクロバスの中であった。

合宿‼︎

ある日『学習塾 マウンテン』に通う浪人生が全員集められた。全員で14人で、小百合、みずき、翔太もその中に含まれる。もう塾に通い出して一ヶ月が経つ。 見慣れた面子である。

模試が終わってみんなでBBQ

『ワイワイ、ガヤガヤ』マーク模試が終わった後、『学習塾 マウンテン』のみんなでバーベキューがあった。塾の近くの河原で行われたそれは、花見の時と同様に、小学生から中学生、高校生、浪人生が一堂に会する不思議な空間であった。

みんなで花見

件の浪人決起会が行われてからすぐの事だった。またしても、よっちゃん先生が「相田くん。今度、塾のみんなで花見をするからね。絶対来てね。」と言う。絶対、とは。まるで俺が強制されなければ、約束をすっぽかすような人間であるみたいじゃないか。‪​───‬…