浪人決起会

まだ寒さの残る頃であったか、よっちゃん先生がこう言った。

「相田くん、明日の夜は塾に来てね。浪人生を全員集めて決起会をするから。」

俺は渋々頷いたのだったが、しかし、浪人生の決起会とは何をするのだろうか。
この塾のことである、並一通りに催されるわけではないことは確かだ。
きっと志望校や所信表明をすることには違いないだろう。

続きを読む

塾について

ここ『学習塾 マウンテン』での授業は、自分の出たい授業に出て、また自習で全て済ますこともできる。

テキストは、全て入試問題から抜粋されており、普段は暗記一辺倒になりがちな勉強を演習で補う事ができる。

続きを読む

勉強計画part2

「青チャートは1日20題やってきてね。英単語は1日100語。アップグレードは1日50問。月曜から金曜までの5日間やれるとして、日曜日に範囲内から無作為に選んだ問題からテストするからね」
「分かりました」

特にキツいと思わなかった俺は、快く了解した。
なんと言ったって、数学と英語だけ勉強すればいいのである。
そして一週間が経った今日、テストが行われた。

続きを読む

東大…理三…?

「おはようございまーす」
「おっ、早速来たね。よしよし」

 

俺は『学習塾 マウンテン』に通うことを決めたのだった。

 

ここは、元々は英語塾だったらしい。
なるほど、それでマウンテンか…。
いや、何がそれでか分からないが。

学生の要望に応えて、数学、その他科目も教えることになったとのことだった。

 

「それじゃあ早速、一緒に勉強計画を立てようか」
「はい。お願いします」
「それで…志望校は理三で本当にいいの?」
「はい。頑張ります」
「そうこなくっちゃね!」

続きを読む

塾に行ってみたpart2

こんな情けない人生を歩んでいても、自分が他者に勝る、唯一にして最高に幸福だと思える点が一つだけある。

それは、理解のある親がいることである。

「再受験するので大学やめます」
「そう。あなたの好きなようにしなさい」

この一言でどれだけ救われたことか。
この一言を言える親が一体この世にどれだけいることか。
俺もこう言える親になりたい。

ちなみに生活費すらも全て親に出してもらっていることは内緒である。

続きを読む